暴飲暴食と皮膚との関係は

スポンサードリンク

 

暴飲暴食とニキビには深い関係がある!

 

暴飲暴食とニキビとの関係は胃腸機能の低下です。

 

その理由は暴飲暴食で弱った胃腸は、

 

過剰に摂取された脂質や糖質の多い食品を

 

消化することが負担になります。

 

それにより腸内環境が悪化して悪玉菌が増えるので、

 

血液中の老廃物が増えて吹き出物ができます。

 

このようにニキビができやすくなります。

 

 

 

 

胃腸の負担を皮膚の痛みだと脳が勘違い?

 

暴飲暴食と皮膚の痛さとの関係は関連痛です。

 

その理由は暴飲暴食をすると胃腸が

 

必要以上に働かなければいけなくなり、

 

胃腸が伸びたり縮んだりを繰り返します。

 

その時の内臓への負担が脳神経へ伝わると

 

脳が内蔵周辺の皮膚からの

 

痛みだと錯覚を起こし、

 

痛みをそのエリアの皮膚に起こす

 

関連痛が起こります。

 

 

 

 

腸内環境を悪くする暴飲暴食の習慣は、アトピーの原因にもなる

 

暴飲暴食とアトピーとの関係は腸内環境の悪化です。

 

その理由は暴飲暴食で胃腸に

 

負担をかけると胃腸の機能が落ちるので、

 

食べたものの消化が悪くなります。

 

そして腸内環境が悪くなり有害物質や

 

不要な物質が腸内にたまって

 

悪玉菌が増えるので、

 

肌荒れを起こしアトピーの原因になります。

 

 

ドカ食いは薄毛・抜け毛の原因の画像

 

 

ドカ食いは薄毛・抜け毛の原因に!

 

暴飲暴食と薄毛との関係は血流にあります。

 

その理由はドカ食いをして消化に

 

負担がかかると、その間は血液は

 

胃腸に優先して流れていきます。

 

その他にも、生命の維持に重要な役割をする

 

心臓や脳などへ血液は送られます。

 

頭皮は生命維持には関わっていないので、

 

血液が流れてくるのは後回しになります。

 

血流が少ないと頭皮や髪の毛に必要な

 

栄養素が運ばれてこないので、

 

抜け毛や薄毛になります。

 

 

 

 

暴飲暴食と口内炎の関係性はあるの?

 

ストレスを晴らすために食べ物で

 

憂さ晴らしをする事があると思います。

 

その様な暴飲暴食をすることによって

 

口内炎の症状がでたりして、

 

痛い思いをすることがあります。

 

暴飲暴食と口内炎との関係はどのような

 

理由があるのでしょうか。

 

その理由は、ストレスから暴飲暴食等で

 

口の中にいる常在菌がバランスを

 

崩してしまい、免疫が弱くなり口内炎に

 

かかりやすくなってしまうからです。

スポンサードリンク