暴飲暴食と6の疾患の関係性とは?

スポンサードリンク

 

暴飲暴食の繰り返しは胃に負担がかかる

 

暴飲暴食と慢性胃炎との関係は胃腸の働き過ぎです。

 

その理由は暴飲暴食を続けると胃に負担がかかって、

 

胃液の分泌が過剰になります。

 

食べ物や胃液などが刺激になって

 

胃を荒らし、炎症を起こします。

 

数日安静にしていたら自然に治るはずなのですが、

 

その間も待たずに暴飲暴食を繰り返していると、

 

胃炎が治らず慢性化します。

 

 

 

 

6の疾患

 

胃潰瘍
急性胃腸炎
慢性胃炎
盲腸
胃下垂
低血糖

 

 

暴飲暴食と急性胃腸炎の関係の画像

 

 

過度な飲食は要注意!暴飲暴食と急性胃腸炎の関係性とは

 

暴飲暴食とは過度な飲み食いを行うことを指しており、

 

健康を損なうような食べ方が定義とされています。

 

その中でも急性胃腸炎との関係は

 

非常に密接だと言われており、注意が必要です。

 

その理由は暴飲暴食をすると長時間

 

胃に食べ物が溜まるため、胃酸が多量に

 

分泌されてしまうからだとされています。

 

その結果大量の胃酸によって粘膜が荒れてしまい、

 

急性胃腸炎を引き起こす

 

可能性が高いと言われています。

 

 

 

 

食べ過ぎ飲みすぎは胃潰瘍の原因に!

 

暴飲暴食をすると胃を傷めますが、

 

胃潰瘍との関係は十分に考えられます。

 

その理由は暴飲暴食で消化に負担をかけると、

 

胃を保護している粘膜が剥がれます。

 

すると胃壁を食べ物と飲み物が

 

直接刺激して炎症を起こします。

 

それでもまだ胃の中に食物残渣があり

 

胃液が過剰に分泌されると胃液の

 

中の酸が胃壁を刺激して、

 

そこに潰瘍が出来ます。

 

これが暴飲暴食による胃潰瘍の仕組みです。

 

 

 

 

胃下垂との関係は?

 

暴飲暴食をしてしまう原因として、

 

ストレスや胃下垂との関係は避けられません。

 

その理由は暴飲暴食が大きく関わっており、

 

胃の上位が正常な位置、

 

下位がおへその辺りまで垂れ下がってしまい

 

胃の不快感や胸やけなどを起こします。

 

これは胃腸の働きが弱って働きが悪くなり、

 

内容物溜まってしまい胃の下位が垂れ下がるのです。

 

 

胃下垂と暴飲暴食の関係画像

 

 

実は盲腸の原因のひとつ!!暴飲暴食は控えましょう!!

 

暴飲暴食と盲腸との関係は見過ごせません。

 

その理由は、暴飲暴食によって

 

過剰に食べ物を摂取したり、アルコール類を

 

取り過ぎると胃に負担がかかりやすいからです。

 

胃に負担がかかることで他の内臓機能も

 

低下してしまいます。

 

胃や腸の働きが弱まると虫垂が

 

炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

 

 

 

食べ過ぎ飲みすぎを続けると、血圧の上昇にも障害が起こる

 

暴飲暴食と低血圧との関係は

 

自律神経の問題にあります。

 

その理由は暴飲暴食をして胃腸の中に

 

食べ物が残っている時は、副交感が優位になります。

 

交感神経が優位でなければ血圧が上がりません。

 

副交感神経が優位の時間が長いと、

 

血圧が上がりにくくなり低血圧になります。

 

 

 

 

暴飲暴食は侮れない!低血糖まで引き起こす理由とは

 

暴飲暴食と低血糖との関係は膵臓の過剰な反応です。

 

その理由は暴飲暴食を繰り返していると、

 

少ししか食事をしていなくても膵臓が

 

いつもの暴飲暴食だと勘違いしてしまい、

 

過剰に反応してインスリンを大量に分泌します。

 

インスリンは余分な糖分をエネルギーに

 

交換することが仕事ですが、大量に分泌されると

 

血液中に残しておくべき糖分まで

 

交換してしまいます。

 

これで血糖値は下がり、

 

低血糖症の症状が起こります。

スポンサードリンク