食道がんになった有名人

食道がんになった有名人

漫画家の赤塚不二夫さん
日本人のおけるがんの罹患患者の中で、食道がんの割合は男女ともに5パーセント以下であり、がんとしての割合は高くありません。女性より男性が罹りやすく、例えば有名人では、漫画家の赤塚不二夫さんの例などが挙げられます。

 

 

落語家の立川談志さん
食道がんは日本国内でも数多くの方が罹っている、死にも直結する病気です。著名人の方では落語家の立川談志さんなどもこの食道がんに罹って治療を行いました。その後、お亡くなりになりましたが、食道がんの摘出手術には成功し、結果的には別の場所に出来たがんで亡くなられています。落語家の立川談志さんの様に摘出手術でその部位の治療に成功する例もあるので、食道がんでも諦めないで、早期発見、早期治療で治る事もあり、対応が大切であると言えます。

 

 

元プロボクサーの桜井孝雄さん
元プロボクサーの桜井孝雄さんがなった食道がんの症状とは食事の際に喉がつかえたり、飲み込んだ際に胸がやけるような感覚がありました、遂には食事を飲み込めなくなり、これはおかしいと病院で検査をしたところ、食道がんと診断されました。幸い、発見が早く抗がん剤で完治しましたが、前述の症状に心当たりがある方は、早目の受診をおすすめします。

 

 

初代ひょうきんアナウンサー山村美智さん
初代ひょうきんアナウンサー山村美智さんが発症した食道がんの主な原因はタバコの喫煙、お酒、暑い食べ物などが挙げられます。タバコを吸わない人に比べて喫煙者の人は約2倍ほどの食道がんになるリスクが高まるという結果もあります。

 

 

小説家、作詞家のなかにし礼さん
食道がんは気付きにくい?!小説家、作詞家のなかにし礼さんがなった食道がんですが、進行が早い上気付きにくいという点から進行してしまってからの発見になる人が多くいます。内視鏡やメスを使った切除、放射線などでの治療が進行状況によって行われます。

スポンサードリンク