胃の不快の原因は姿勢が悪い、暴飲暴食から発症する事もあります

胃の不快の原因は姿勢が悪い、暴飲暴食から発症する事もあります

 

胃の不快の症状に付いて
胃の不快の症状は、二日酔いや暴飲暴食から発症する事もあります。普段の食生活を気をつける事で改善出来て、胃薬を飲めば不快な症状を抑える事が出来ます。長期に渡り胃の不快の症状が続く時は、何らかの病気の疑いもあるので病院に行くと安心です。

 

 

食後の胃の不快感や膨満感
食べ過ぎや飲み過ぎ、不規則な生活やストレスなどによって胃に負担がかかってしまいます。 胃に負担がかると胃が弱ってきたり荒れてしまい、食後の胃の不快感や膨満感などの症状が出てきます。 このような症状が出てきたら、生活習慣の見直しが必要です。見えない臓器だから日頃からのケアが大事です。

 

 

吐き気等から胃の不快は2種類の原因が考えられる
もたれやムカつき、吐き気や痛み等胃の不快を感じる人は、2種類の原因が考えられます。 1つは、何か病気を発症している可能性があるので、医者に診てもらうと良いです。 もう1つは、心配事や悩み事があるものの上手く発散しきれておらず体内にたまった状態なので、趣味や好きな事をして発散すると良いです。

 

 

胃の不快感やげっぷは姿勢の悪さが原因かも
食事と一緒に飲み込んだ空気がゲップやおならとして体の外に出ます。他に姿勢が悪いと胃の中に自然と空気が入リ込み胃の不快感やげっぷを起こします。上半身が前かがみになる事で出来た気道の隙間から胃に空気が入るので、普段から背筋を伸ばすように気をつけましょう。

 

 

胃の不快に効く3つのツボと場所について
胃の不快に効くツボの名前は膈兪(かくゆ)、肝愈(かんゆ)、脾兪と(ひゆ)と言います。場所は背骨を軸にして肩甲骨の下の部分を結んだところが膈兪になります。そこから背骨1つ分下がったところが肝愈、さらにもう一つ下がったところが脾兪になります。

スポンサードリンク

関連ページ

胃が痛い、下痢が同時に起こる
胃腸の調子が悪いのはストレスのせいかも、夏に起こる胃の痛みと下痢、胃が痛い・下痢・食欲不振の原因、からだにはサインがあります、急性胃腸炎の可能性?十二指腸潰瘍、自律神経失調症、消化の良い物を摂取したりストレス解消をすることが有効を解説してます。
胃の鈍痛
食後に起きる胃の鈍痛、胃の鈍痛と下痢が同時に起きた時は、みぞおちの胃の鈍痛、胃痛や膨満感を感じたら胃薬が効果的、背中と胃の鈍痛の原因、急性胃腸炎と慢性胃腸炎の可能性、十二指腸潰瘍が疑われます、神経性胃炎の可能性を解説してます。
胃の違和感
ゲップが教えてくれる胃の違和感、食後の胃の違和感から吐き気や食欲減退が起きたら、胃の違和感やみぞおちの痛み、背中と胃の違和感はカラダからのSOS、胃の違和感はストレスを感じるサイン、心臓の病気、肺の病気、すいぞうの病気の可能性を解説してます。
胃にガス
胃にガスが溜まりゲップが出そうになります、胃にガスがたまる病気は初期症状で痛みを感じる?胃にガスがたまる症状を薬で改善、胃にガスが溜まる原因、胃のガスで腹部膨満感にならない解消方法を解説してます。
胃が痛い
胃が痛い原因は食べ過ぎかも、ストレスで胃が痛くなる、胃が痛い女性、胃やみぞおちが痛い原因、胃が痛い原因は便秘?慢性的に痛む場合は内臓の疾患?ストレスが生じると胃の血流が減る、自律神経のバランスが崩れる、みぞおちの筋肉痛を解説してます。
胃の右の痛み
胃の右の下の痛み、胃の右の痛みの原因は怖い病気が隠れている?胃の右側の違和感の原因、胃の右側を下にして寝る意味、胃の右にある動脈は手術でよく利用されます、消化の流れがよりスムーズに行われる寝方、胆石、肝硬変、肝臓に関する病気を解説してます。
みぞおちや胃が痛い
みぞおちや胃が痛い場合は何科を受診する?みぞおち・胃が痛い・キリキリする原因、沈黙の臓器、膵臓の病気、胃が痛い、みぞおちに違和感がある、吐き気の原因、みぞおちや胃が痛いと下痢の原因、は内科や消化器科、胃腸科の診断を受けるを解説してます。
胃の痙攣
胃の痙攣や痛みなしの安堵、突然の胃の痙攣の症状、冷たいものを一気に摂取したなどの原因、胃の痙攣と嘔吐の症状、対処法、胃の筋肉の緊張や病気よる誘発、精神的に引き起こされる緊張、胃痙攣はストレスや悩みを抱えてる人に起きやすい?を解説してます。
胃の空腹
胃の空腹の痛みみぞおちの辺りが痛むことで疑われる病気、胃の空腹のムカムカ、胃の空腹時の吐き気、胃の空腹時の違和感、胃の空腹時お腹が鳴る理由、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃酸過多である可能性、胃の収縮運動が活発、胃酸の分泌が過剰を解説してます。
右のみぞおちと胃が痛いと感じる原因
右のみぞおちと胃が痛いと感じる原因は?胸の左側やみぞおちや胃が痛いといった経験、該当する病気は?空腹時にみぞおちや胃が痛む時、胃を押すとしこりのようなものがあるを解説します。
胃の左の異常
胃の左の痛みは膵臓が原因の場合があります、胃の左側に違和感を感じる、胃の左の鈍痛の原因は急性膵炎や慢性膵炎、膵石症や膵がんを引き起こしている可能性がある、胃の左がチクチクの原因、胃の左の腹痛の原因、消化不良を解説してます。
胃弱
胃弱の症状、原因は何か、胃弱の食事をしたい人のための胃弱めし、胃弱のレシピ、胃弱に効く漢方薬の薬名は安中散、小建中湯などが有名、自律神経のバランス、胃炎には急性と慢性があります、胃酸の分泌が多すぎて胃粘膜が傷つくを解説してます。
胃の激痛
胃の激痛の原因、突然の胃の激痛、胃の激痛や嘔吐を感じたら、胃の激痛と吐き気と下痢の原因、食後に胃の激痛が続く場合、胃痙攣の痛み、感染性やウイルス性の胃腸炎の可能性も考えられる、日常生活でのストレスが起因しているを解説してます。
胃の空気
気になる胃の空気の出し方、胃の空気がたまる原因、その痛い症状は胃の空気嚥下症かも、胃の空気が吐き気を誘発する、胃の空気排出に効く薬とは、食べ物を食べるときによく噛むことが重要?ガスコンという薬、女性に多く見られる?を解説してます。
胃と背中の左が痛い因果関係とは?
胃と背中の左が痛い関係、え!食後に胃と背中の左が痛む?胃と左の肋骨の痛みは関連性があるので要チェック!痛みの種類は個人差あり!胃の痛みの正体は?ズキズキと鈍痛を感じる、ストレスで自律神経が乱れる、胃と左のみぞおちの痛みの関係を解説します。
胃の膨張
胃の膨張の痛みには原因があります、胃の膨張はストレスなどによってガスが溜まる?稀に薬の副作用で胃の膨張を感じる、食後の胃の膨張、胃の膨張感は妊娠の初期症状でもあります、食べ過ぎや飲み過ぎで胃の膨張を引き起こすを解説してます。
胃の病気
胃の病気をチェックする方法はチェックシート、多くの胃の病気に共通する症状、ストレスと胃の病気の関係、吐き気と胃の病気、宮迫博之さんの病名、胃炎や胃潰瘍、嘔吐や胸焼けといった症状、宮迫博之さんがどのくらい胃を切除した?を解説してます。
胃のピロリ菌
ピロリ菌による胃のポリープ、ピロリ菌を除菌する治療方法、胃のピロリ菌の除菌のメリットとデメリット、胃のピロリ菌にはヨーグルトが効果的、胃のピロリ菌の検査方法、内視鏡検査をするのが代表的、「過形成性ポリープ」と呼ばれるものを解説してます。
ゲップと胃
ゲップの原因の中には胃の機能が低下する可能性がある、胃に痛みがありゲップや下痢を繰り返す症状、ゲップは胃の空気を排出する現象です、ホメオパシーとは何か、胃の調子が悪いと吐き気やゲップの回数が多い、過敏性腸症候群の疑い?を解説してます。
胃のストレス
胃のストレスの病名、胃のストレスに人気なのは漢方を含む胃腸薬、胃のストレスの症状の吐き気、胃のストレスからできるポリープ、胃のストレスの解消法、神経性胃腸炎・ストレス性胃腸炎、胃痛、胃もたれ、吐き気、食欲不振を解説してます。
胃の疲れ
胃の疲れの胃痛、胸やけ、吐き気、ゲップなどの症状、胃の疲れに効くツボ「足三里」を押しましょう、胃の疲れに良いレシピとは、夏の胃の疲れ、胃の疲れの口臭の原因、胃酸が過剰に分泌する、胃が疲れている時には摂取しないほうがよい物を解説してます。
胃の不調
胃の不調の原因、胃の不調とゲップ、ストレスが原因、下痢の原因は胃の不調、胃の不調に効くツボの場所、慢性胃炎や胃潰瘍、ストレス等で自律神経の働きが乱れる、胃の面膜を保護する為に乳製品などが効果的、ツボは胃腸の働きを助けますを解説してます。