薬で胃が荒れるのはなぜなのでしょうか

薬で胃が荒れるのはなぜなのでしょうか

 

胃が荒れる薬の2つの成分
アスピリン(アセチルサリチル酸)
プレドニゾロン

 

 

薬の飲み方を間違えると胃が荒れる等いくつもの副作用が起こる
病院から処方されたり、インターネットや薬局で購入した薬の飲み方を間違えると、あらゆる副作用が起こります。 副作用の種類は多くあり、以下の通りです。 頭痛やめまいや吐き気、動悸や息切れや胃が荒れる等があります。 その他には顔が火照ったり、体の一部に湿疹ができる事もあります。

 

 

薬で胃が荒れるのはなぜか
頭痛薬や風邪薬、鎮痛剤や抗炎症薬などの薬で胃が荒れるのはなぜか?これらの薬に含まれている事のあるアスピリン(アセチルサリチル酸)やプレドニゾロンなどの成分の副作用で胃が荒れるため、吐き気や嘔吐を引き起こすことがあります。

 

 

抗生物質の副作用には胃腸障害があります
抗生物質を服用すると胃腸障害の副作用が起きることがあります。薬で胃が荒れるのはなぜかというと、抗生物質が胃の粘膜を刺激したり、胃酸の影響を強くするためです。空腹時に服用すると副作用が出やすいので、食後に服用するようにします。

 

 

鎮痛剤の薬で胃が荒れるのはなぜなのでしょうか
鎮痛剤の薬で胃が荒れるのはなぜかと言うと、痛みの強さを司っている生理活性物質に作用するのと同時に、生理活性物質が持つ胃の粘膜を保護する機能を低下させてしまうからです。鎮痛剤には痛みを和らげる効果がある反面、副作用があるのです。

 

 

解熱剤には胃腸障害がおきるものがあります
解熱剤にであるアスピリンには副作用に胃腸障害が起きることがあります。薬で胃が荒れるのはなぜでしょうか。痛みの原因であるプロスタグランジンには胃酸の分泌低下や胃粘膜の血流を増加させる作用があるのですが、アスピリンにはプロスタグランジンの作用を抑える働きがあるためです。

スポンサードリンク

関連ページ

胃が荒れると起こる症状
胃が荒れる症状が肌荒れの原因、胃が荒れた時の唇にも、痛い原因、嘔吐の原因、胃が荒れる症状は吐血の原因、胃の不快な症状を緩和させる事は充分に可能、空腹時に腹部の不快感が続くので注意が必要、アルコール類を多く摂取、脂っこい食事を解説してます。
胃が荒れるサイン
胃が荒れる症状、胃が荒れる原因、胃が荒れている時は食べ物にも気を付けて、風邪薬を飲んで胃が荒れる、胃が荒れると舌も荒れる、暴飲暴食したり、アルコールの大量摂取・コーヒーや紅茶などのカフェインの過剰摂取、胃と舌も一緒に荒れるを解説してます。
胃が荒れるお茶
血液をサラサラにする麦茶、空腹にお茶は胃が荒れる、烏龍茶を飲み過ぎる、胃が荒れる原因の一つはカフェイン、胃が荒れるのが改善するお茶、麦茶にはカフェインが含まれてない?高血圧に効果があるお茶とは? カフェインを含む飲み物を解説してます。
胃が荒れる時の口のトラブル
胃が荒れると息が臭くなる原因、胃の調子と口の関係、胃が荒れると口内炎ができやすくなる、胃が荒れると口の周りも荒れやすい、口角炎が出来やすくなる、口臭の原因が口の中ではない時は胃が弱っている?外的要因でストレスや疲労が挙げられるを解説してます。
胃が荒れるお酒
胃が荒れる原因はアルコールの飲み過ぎ、ウイスキーで胃が荒れる現象は本当に起こるのか、テキーラを飲むと胃が荒れる、胃が荒れる体質の人にワイン、日本酒摂取で胃が荒れる場合は、キリキリ痛むのか、ムカムカなのか、空腹時のお酒は避ける?を解説してます。