胃が荒れる時の口の6のトラブル

胃が荒れる時の口の6のトラブル

 

胃が荒れる時の口の6のトラブル
口臭
口が切れる
口角に吹き出物ができる
口内炎
口唇ヘルペス
口角炎

 

 

胃が荒れると息が臭くなる原因
息が臭い場合、口の中の細菌が原因の場合歯周病や虫歯などがあります。口臭の原因が口の中ではないときは、胃が弱っているときなどです。胃にストレスが胃液がたくさんのときなどに胃が荒れることがあり、口臭をともないます。胃に負担をかけないことが必要です。

 

 

胃の調子と口の関係について
胃が荒れると唇が荒れたり、口が切れるなどの症状が出ることがあります。 東洋医学では口と胃腸は深く関係しているとされており、ストレスによって 胃の粘膜が弱ると口角に吹き出物ができたり、大口を開けると切れてしまったり することが増えるそうです。 口の荒れはひょっとしたら胃が疲れているサインかも知れません。軽くあしらわず、体の中からの声としてきちんと受け取る姿勢が重要だと言えるでしょう。

 

 

胃が荒れると口内炎ができやすくなる
口内炎になっている時は、胃腸にも関係していて弱っている証拠ともいえます。口内炎になっていて、治療中にさらに胃が荒れることもあります。逆に胃が荒れることがありますと、口の粘膜も弱っていることがあり口内炎になりやすい状態となっていますので、注意が必要です。原因としては、外的要因でストレスや疲労が挙げられるので、体調の変化には気をつけて疲れやストレスをため込まないようにしましょう。

 

 

胃が荒れると口の周りも荒れやすい
東洋医学などで、胃が荒れると口の周りも荒れるといいますが、これは、胃も口内も一繋がりの粘膜であり、胃が不調な時はその入り口である口にも影響がでると考えられます。 ですが、口の周りの炎症や荒れが長く続く、もしくは、治っても繰り返す場合、口唇ヘルペスなど、他の原因かもしれませんので、ご注意下さい。

 

 

胃が荒れると口角炎が出来やすくなる
胃が荒れると、同じ消化器官系である口の粘膜も弱っていて口角炎となることがあります。必ずしも口角炎ができるわけではありませんが、もしできた場合には、胃の粘膜保護につながるお薬やビタミンを積極的に取ることが大切です。

 

スポンサードリンク

関連ページ

胃が荒れると起こる症状
胃が荒れる症状が肌荒れの原因、胃が荒れた時の唇にも、痛い原因、嘔吐の原因、胃が荒れる症状は吐血の原因、胃の不快な症状を緩和させる事は充分に可能、空腹時に腹部の不快感が続くので注意が必要、アルコール類を多く摂取、脂っこい食事を解説してます。
胃が荒れるサイン
胃が荒れる症状、胃が荒れる原因、胃が荒れている時は食べ物にも気を付けて、風邪薬を飲んで胃が荒れる、胃が荒れると舌も荒れる、暴飲暴食したり、アルコールの大量摂取・コーヒーや紅茶などのカフェインの過剰摂取、胃と舌も一緒に荒れるを解説してます。
胃が荒れるお茶
血液をサラサラにする麦茶、空腹にお茶は胃が荒れる、烏龍茶を飲み過ぎる、胃が荒れる原因の一つはカフェイン、胃が荒れるのが改善するお茶、麦茶にはカフェインが含まれてない?高血圧に効果があるお茶とは? カフェインを含む飲み物を解説してます。
薬で胃が荒れる理由
薬の飲み方を間違えると胃が荒れる等いくつもの副作用が起こる、薬で胃が荒れるのはなぜか、抗生物質の副作用には胃腸障害、鎮痛剤の薬で胃が荒れる、解熱剤での胃腸障害、胃が荒れる薬の2つの成分とは?空腹時に服用すると副作用が出やすいを解説してます。
胃が荒れるお酒
胃が荒れる原因はアルコールの飲み過ぎ、ウイスキーで胃が荒れる現象は本当に起こるのか、テキーラを飲むと胃が荒れる、胃が荒れる体質の人にワイン、日本酒摂取で胃が荒れる場合は、キリキリ痛むのか、ムカムカなのか、空腹時のお酒は避ける?を解説してます。