胃がんになった有名人

スポンサードリンク

胃がんになった有名人

 

歌手の遠藤賢司さん胃がんで死去!

 

歌手の遠藤賢司さんが胃がんで死去しました。

 

一昨年から胃がんで闘病中でした。

 

公式サイトによると、2017年10月23日に

 

都内の病院に入院、24日に容体が

 

急変して25日早朝に亡くなりました。

 

70歳でした。

 

 

 

 

歌手の小坂さん、3つの臓器とがんの摘出手術を受けていた

 

歌手の小坂忠さんが胃がんの手術を受けました。

 

最初は急性胆のう炎が原因で入院し

 

治療を受けていましたが、検査の結果

 

胃がんが見つかりました。

 

他にS状結腸癌も見つかり、

 

1か月絶食して手術に備えました。

 

そして胆嚢の他、胃や腸の切除と

 

癌の摘出術を受け1か月の

 

療養後に退院しました。

 

 

 

 

藤原組長さんが胃がんに

 

プロレスラーの藤原組長こと藤原喜明さんが

 

胃がんになってしまった理由としては色々あります。

 

その一つが食生活です。

 

プロレスラーは体型を保つために肉を

 

一般の人よりも多めに食べる傾向があります。

 

肉食が災いとなっています。

 

 

 

 

大山のぶ代さんの夫の砂川啓介さん

 

大山のぶ代さんの夫の砂川啓介さんは

 

大山さんの介護中に、

 

初期の胃がんが発覚しました。

 

初期のため、手術でがんを取り除きましたが

 

3年後に尿管がんであることを公表しました。

 

その後闘病の末80歳でその生涯を終えました。

 

 

 

 

早期がんでも転移する可能性がユ・チェヨンさんの命を奪ったもの

 

胃がんで闘病していた女優ユ・チェヨンさんが

 

41歳の若さで亡くなったのは

 

、2014年のことでした。胃がんと診断されてから

 

亡くなるまでおよそ10ヵ月という進行の速さに

 

衝撃を受けた人も多いでしょう。

 

手術を受けたときにはすでに転移していたそうです。

 

がん細胞が別の臓器に移動し、

 

そこで成長したものを転移といいます。

 

胃がんの転移でもっとも多いのはリンパ節転移で、

 

早期がんでも起こることがああります。

 

 

 

 

初期の胃がんになった広島の赤松真人選手画像

 

赤松真人選手、初期の胃がん

 

プロ野球・広島の赤松真人選手が2016年12月末、

 

初期の胃がんと公表しました。

 

ステージ3と宣告され、2017年1月に

 

手術を行い胃の半分を摘出しました。

 

リンパ節に微細な転移が複数見つかり、

 

飲み薬と点滴を併用する

 

抗がん剤治療を行っています。

 

 

 

 

 

 

加納典明さん初期の胃がん

 

日本人に患者数の多い胃がんには

 

特有の症状はありません。

 

特に初期の胃がんでは、

 

ほとんど自覚症状がない人が大多数です。

 

写真家の加納典明さんは65歳で

 

胃がん手術を2回経験していますが、

 

いずれも人間ドッグで早期に

 

発見されたことが奏功したと

 

自身のブログで言っています。

 

 

 

 

胃がんを早期発見した俳優の渡辺謙さん

 

俳優の渡辺謙さんは早期の胃がんで

 

あったことをカミングアウトし話題となりました。

 

早期の胃がんは治療が可能で

 

完治することができます。

 

なので、がん検診を受けることが重要です。

 

また、胃がんにならないためにも、

 

ストレスのない生活をすることが大事です。

 

 

 

 

俳優の市村正親さん

 

早期の胃がんを公表した俳優の市村正親さん。

 

早期発見だったために術後も順調に回復。

 

早期発見を可能にしたのは奥様が

 

医師に「いろいろ調べてください」と頼んだから。

 

ただの胃痛や腹痛と思って放っておけば、

 

知らない間に転移していたかもしれません。

 

「おかしいな」

 

と思ったら病院に早めに

 

相談することが重要!

 

早期発見の場合は術後の

 

回復も早い場合が多いです。

 

市村正親さんが胃がんを早期発見できた理由

 

 

 

 

胃女優の仁科亜季子さん

 

女優の仁科亜季子さんが99年に

 

胃の3分の1を切除したことでも知られる

 

胃がんは喫煙でリスクが高まりますが、

 

禁煙者の増加で受動喫煙の影響も減り、

 

そのリスクは減っているようです。

 

そうなると気をつけたいのが塩分の取り過ぎで、

 

国際的にも胃がんのリスクを

 

高めると考えられているからです。

 

日本人はみそ汁や漬物、

 

若者は味付けの濃いものを好む傾向ですから、

 

禁煙者が増えているだけに

 

塩分を意識して減らすことが大事です。

 

 

 

 

王監督の胃がんの画像

 

王監督の胃がんの治療の手段

 

胃がんの手術を受けたことがある

 

著名人は各方面にいますが、

 

王監督もその一人です。

 

王監督の場合は胃がんの治療の手段として

 

腹腔鏡を用いた全摘出の手術でした。

 

胃がんは日本人がかかる割合が

 

最も高いがんとなっています。

 

王監督の様に全摘出まで行かなくても

 

済むケースもあるので、

 

早期発見を心がけましょう。

 

 

 

 

芸人の宮迫博之さん

 

芸人の宮迫博之さんも患わった

 

胃がんの手術にはそれぞれの

 

進行に合わせた方法が行われます。

 

内視鏡手術、縮小手術、定型手術および

 

拡大手術というものがあります。

 

手術が行われた後は、再発防止のための

 

抗がん剤による治療もあります。

スポンサードリンク