食道の違和感から考えられる病気とは

スポンサードリンク

食道の違和感から考えられる病気とは

 

 

【食道に違和感がある場合何科にかかるか】

 

食道の違和感があっても病院で何科にかかれば

 

良いか分からないことが多いです。

 

大抵の場合は、胃腸科や消化器内科などにかかります。

 

しかし何科に行けば良いのか分からず

 

内科や耳鼻咽喉科に行く人も多いです。

 

内科や耳鼻科で診ることができる範囲は声帯までで、

 

声帯より下の場合は胃腸科や消化器内科が専門となってきます。

 

 

 

 

【喉を中心に食道の違和感がある場合】

 

喉を中心に食道の違和感を感じているにも関わらず、

 

風邪薬などを飲んでも治らない場合、

 

逆流性食道炎ということも考えられます。

 

 

喉を中心に食道の違和感がある画像

 

 

一般的に、食道はきれいな状態でも、

 

喉と食道の境目が赤く炎症を起こしていたり、

 

胃酸が逆流してきたり、食べ物が呑み込みにくいなど、

 

人によって様々な症状がありますが、たいてい、

 

逆流性食道炎の疑いが一番多いと考えられます。

 

この場合、胃薬などを処方してもらうことで治ります。

 

逆流性食道炎-関連16記事

 

 

 

 

【食道の違和感の原因はストレスや喫煙などの癌が考えられます】

 

食道の違和感や痛みの原因として

 

考えられるのは、食道がんがあります。

 

女性よりも男性が発症する場合が多く、

 

ストレスや喫煙、飲酒が原因だと言われています。

 

痛みを感じたら医師への相談や定期的な

 

検査が大切になります。

 

 

 

 

【食道の違和感や、ゲップから考えらる病気】

 

日々の生活で、食道の違和感や、

 

繰り返されるゲップの症状から考えられる病気として、

 

逆流性食道炎、非びらん性食道炎が考えられます。

 

 

非びらん性胃食道逆流症(NERD)と胃食道逆流症(GERD)の違い

 

 

 

 

生活習慣の改善だけでなく、

 

薬による治療も必要となりますので、

 

最寄りの消化器内科でみてもらうことが大切です。

 

 

 

 

 

【食道の違和感や吐き気は】

 

好酸球性食道炎とは白血球の種類である

 

好酸球が食道の粘膜に炎症を起こす病気です。

 

主な症状は、食道の違和感や吐き気です。

 

好酸球性食道炎は食べ物に含まれる抗原に

 

反応して起こると考えられえています。

 

年少の男児に多い傾向があります。

 

嘔吐すると食道は胃酸の刺激を受ける?

 

 

 

 

【食道の違和感やお腹の膨満感や胃が重苦しい病気】

 

逆流性食道炎の症状として、

 

食道の違和感やお腹の膨満感や胃が

 

重苦しくなることなどあが挙げられます。

 

食道の違和感やお腹の膨満感の画像

 

 

逆流性食道炎の主な原因としては、

 

飲酒をはじめ喫煙や生活習慣の悪化などが挙げられます。

 

 

 

 

【食道の違和感にはストレスなどが原因かも?】

 

最近食べ物が喉を通りにくいとか何かが

 

引っかかってるような違和感があった場合、

 

何らかの原因が考えられます。

 

考えられるのは逆流性食道炎、

 

非びらん性胃食道、難治性逆流性食道炎などがありますが、

 

病院に行って検査をしてもらっても

 

異常が見られない場合、

 

食道の違和感にはストレスや不安などで

 

症状が出る場合があります。

 

その場合は原因となっているストレスや

 

不安を改善していく必要があります。

 

 

 

 

【食道の違和感から考えられる病気】

 

食道の違和感で熱い物を飲み込んだ時に

 

違和感を覚えるといった症状があります。

 

この様な場合は次のような病気である可能性があります。

 

まずは食道がんといった病気があげられます。

 

食道がんの場合は痰などの症状から

 

始まり次第に痛みや違和感を覚えます。

 

次に考えられるのは腫瘍などといったできものや

 

炎症などの場合があります。

 

どの様な症状の場合も長く続く場合は

 

医療機関への受診が適切です。

 

 

 

 

【食道がんを早期発見しましょう】

 

食道の違和感を感じたことがありませんか。

 

なんだか胃が痛かったり、飲み込みが悪くなったりしたら、

 

怖くても食道がんを疑ってみましょう。

 

食道がんの放射線治療という方法がありますから、

 

抗がん剤治療の副作用を心配する必要もなくなりました。

 

まずは消化器科のお医者さんに相談してみましょう。

スポンサードリンク