食道がんになった音楽業界の人達

スポンサードリンク

食道がんになった音楽業界の人達

桑田佳裕さん、これからも良い曲を作り続けて下さい
最近、有名人の癌の公表が相次いでいるように感じます。 ミュージシャンの桑田佳裕さんの食道がんは特に忘れられません。 数年前になるので、現在は完全復帰されていますが、癌は 再発もあります。無理をせず、良い曲を作り続けてほしいです。

 

 

世間に食道がんの意識が高まった(やしきたかじんさん)
歌手のやしきたかじんさんは、食道がんで亡くなりました。一度は完治しましたが、再発が原因です。このことから食道がんに関しての意識が世間で高まり、テレビで食道がんが取り上げられるケースが多くなっています。

 

 

ギタリストの石田長生さん
ギタリストの石田長生さんは食道がんを患っていました。食道がんが見つかったのは2015年の3月頃にツイッターなどで発表されていました。その後、ギタリストの石田長生さんは2015年の7月に永眠なされました。

 

 

海援隊の中牟田俊男さん食道がんを公表
海援隊の武田鉄矢さんは2016年1月6日に、海援隊の中牟田俊男さんに食道がんが見つかったとということを公式ホームページ上で報告しました。 中牟田さんの食道がんの告白は静かで、「すぐに戻ってくる」とぽつりと言ったとのことです。 武田鉄矢さんは自分自身が病気で同級生である中牟田さんを待たせていた過去を振り返りつつ、「今度は私が待つ番だ」との決意を見せました。

 

 

音楽プロデューの大内義昭さんについて
音楽プロデューの大内義昭さんは、2015年5月22日に食道がんのため北九州市内の病院で亡くなられました。 2014年1月に食道がんがみつかり、闘病生活をおくっていました。その後、亡くなる2週間前に容態が悪化してしまい、亡くなられたのです。

 

 

日本音楽研究家の山川直治さんが食道がんで死去
日本音楽研究家の山川直治さんが、2015年12月25日に食道がんで亡くなりました。 葬儀は28日午前11時から東京都大田区の田園調布にある日本基督教団田園調布にて行われました。山川直治さんは国立劇場芸能部演出室で邦楽公演の企画や制作を経て、主席芸能調査役を勤めました。代表的な著作に「邦楽の世界」などがあります。

 

 

指揮者の小沢征爾さんも発症した食道がんについて
指揮者の小沢征爾さんも発症した食道がんとは、消化器官の一つである食道に悪性腫瘍が発生するという疾患です。食道がんは自覚症状が現われにくい事で有名ですが、人によっては食べ物が飲み込みにくくなる等の症状が現われる事があります。

スポンサードリンク