食道が熱いと感じるのは食道粘膜が胃酸にさらされてる可能性が

スポンサードリンク

 

喉が痛くて熱い!?これって・・・

 

喉が痛い、喉に何か詰まった感じがする、

 

喉が熱いと思ったら逆流性食道炎の疑いがあります。

 

胃では強い酸(胃酸)が分泌されています。

 

胃の中はその分泌液から粘膜を

 

守る機能がついていますが、

 

食道にはその機能はありません。

 

そのため、何らかの原因で胃酸が

 

食道に逆流してくると食道粘膜が

 

胃酸にさらされて炎症が起きるのです。

 

喉に不快感を感じるのは

 

その症状が原因でもあるのです。

 

 

食道に逆流してくる胃酸の画像

 

 

げっぷと一緒に胃液が逆流か?胃の上の方が熱い感じ

 

食事をお腹いっぱい食べた時にげっぷが出ます。

 

通常げっぷが出る時は胃にたまっていた

 

空気だけが「げっ」と出るのですが、

 

時々胃の中にたまっている食べ物まで

 

戻って来そうな事もあります。

 

この時、胃液が食道に逆流して

 

胃の上の方が熱い感じになります。

 

そのような症状がある時は、

 

逆流性食道炎に罹っているかもしれません。

 

逆流性食道炎-関連16記事

 

 

 

 

病気が潜んでいる?熱いものを食べると食道がしみる理由とは

 

熱いものや刺激のあるものを食べたとき、

 

食道が痛い、しみると感じたことはありませんか。

 

食道がしみる理由は、

 

逆流性食道炎が考えられます。

 

逆流性食道炎では、胃酸が逆流することで

 

食道が炎症を起こしているため、

 

刺激の強い食べ物が食道を通ると

 

痛みやしみる感覚のほか、

 

胸やけやつっかえ感を感じます。

 

また、食道がんでも同じような

 

症状を感じることがあります。

 

 

 

 

食後に、みぞおちから胸の下あたりまでが熱いと感じる?

 

胃から食道への逆流が繰り返し起こることにより、

 

食道の粘膜が傷つき、胸やけ等の

 

不快な症状が起こる場合、

 

「逆流性食道炎」の可能性があります。

 

この症状の一つとして、食後に、

 

みぞおちから胸の下あたりまでが熱いと

 

感じることが挙げられます。

 

 

 

 

もしも吐瀉物に血が混じっていたら

 

お酒の飲み過ぎなどで嘔吐したとき、

 

逆流した胃液によって食道炎が起こることはよくあります。

 

その際、もしも吐瀉物(としゃぶつ)に

 

血が混じっていたら、要注意。

 

食道が傷ついたか、

 

または裂けている可能性があります。

 

嘔吐後に喉が激しく痛む、

 

胸が燃えるように熱い

 

と感じたときは、

 

特発性食道破裂を疑ってください。

 

 

食道炎で胸が熱い画像

 

 

食べ物の送り込む食道の機能

 

私達が食べた食事は食道の蠕動運動で

 

胃へと送り込まれ、胃液や食物が

 

逆流しないように防止しています。

 

熱い飲み物やアルコールなど

 

大量に摂取すると噴門や粘膜を傷めます。

 

 

お酒が生む食道へのリスクとは?

 

 

これが繰り返されると門脈の

 

圧力上昇により粘膜が変形しやすくなります。

 

この症状による主な病名は食道がんや食道炎などです。

 

 

 

 

患部が赤く腫れる理由

 

食道が炎症を起こした際、患部が赤く腫れてきます。

 

腫れる理由として次のようなものが挙げられます。

 

酸やアルカリによる刺激や、

 

外傷や極度に熱い又は冷たい食物を

 

摂取することによる刺激です。

 

その他、急性食道炎、感染など

 

色々な原因が考えられます。

スポンサードリンク