食道や気管に痛みが伴う場合の原因

食道や気管に痛みが伴う場合の原因

関連記事 
胃は食道に続く噴門に始まり十二指腸の幽門で終わります 
食道と気管の位置関係について 食道は気管よりも内側にあります。気管は途中までは食道を介して肺につながっていますが、しょくどうはまっすぐ胃に食物を運ぶため、しょくどうは長く気管は肺に届く程度の長さです。位置関係としては気管のほうが体の前方にあり、しょくどうがその後ろ側にあります。 食道や気管に痛みが伴う場合の原因 食道や気管に痛みが伴う場合、痛みの原因として考えられるのは逆流性食道炎の疑いがあります。喉の違和感や特にむねやけが起こる場合は代表的な症状です。胃酸が逆流する際に逆流した胃酸が食道のすぐ近くになる気管が吸い込むことで、喉に炎症が起こることがあるのが原因です。 食道気管瘻の読み方 しょくどうきかんろう 炎症を引き起こす食道気管瘻とは 食道気管瘻とは、食道と気管や気管支が瘻管という穴で繋がってしまっている病気のことです。胃液や唾液が肺に流れてしまい、気管支炎や肺炎を引き起こすのです。生まれつきの先天性と、何らかの病気で起こる後天性があります。 食道と気管の構造について 食べ物を胃へ送るのが食道で、空気を肺へ送るのが気管です。食道と気管は喉でつながっていますが、食べ物を飲み込む時は喉頭蓋(こうとうがい)と言われる部分が気管を塞ぎ、食べ物が気管に入らないような構造になっています。

スポンサードリンク