お酒が生む食道へのリスクとは?

スポンサードリンク

 

お酒が生む食道へのリスク

 

食道の炎症は粘膜の欠損によって起こります。

 

欠損を招く行為の一つとして、

 

「お酒を吐くこと」が挙げられます。

 

嘔吐による食道への影響は胃酸の逆流にあります。

 

食道の粘膜は酸やアルカリに弱いため、

 

胃酸が原因で炎症を起こす可能性があります。

 

嘔吐すると食道は胃酸の刺激を受ける?

 

 

 

 

飲酒で食道が熱くなるのは?

 

お酒を飲むと食道が熱くなるという人がいます。

 

食道が熱い理由とはアルコール度数の高いお酒を

 

飲む事で食道の熱受容体を刺激し熱いと感じるのです。

 

食道が熱いと感じるのは食道粘膜が胃酸にさらされてる可能性が

 

 

お酒自体に弱い人であればそれほど

 

アルコール度数の強くないお酒でも熱いと感じる事があります。

 

 

お酒を飲むと食道が熱くなる画像

 

 

飲酒をすると食道が痛い!原因は!?

 

アルコールを飲むと、食道が熱い、

 

痛いと感じることがあると思います。

 

この痛い理由はアルコールによって

 

胃酸の分泌が促進されるからです。

 

胃酸の量が増えると、胃酸が食道へ流れこみ、

 

食道の粘膜を刺激するため、

 

痛みや熱さを感じます。

 

このような状態が繰り返されると、

 

食道がただれ、炎症を起こします。

 

この状態が、逆流性食道炎です。

 

食道の痛みを感じたら考えられる11の疾患とは

 

 

逆流性食道炎-関連16記事

 

 

 

 

胃酸の食道へのリスク

 

食道が炎症を起こすとは、

 

食道の粘膜表面の欠損が起きることを言います。

 

その原因のひとつとして、

 

お酒を飲み過ぎるなどによる嘔吐があります。

 

食道の粘膜は酸やアルカリで傷つくので、

 

胃酸も食道には悪影響となります。

 

 

 

 

 

嘔吐後に吐血!その原因はマロリーワイズ症候群!?

 

マロリーワイス・シンドローム(症候群)は、

 

飲酒後に嘔吐を繰り返ているうちに、

 

強い腹膣内圧がかかり、

 

嘔吐時の食道出口から胃の噴門部付近に

 

縦向きの裂創が生じ、

 

出血を起こす症候群です。

 

飲酒以外には、乗り物酔い、つわり、

 

急激に力を使う作業、

 

強いりきみなどがあります。

 

マロリー・ワイス・シンドローム(症候群)とは?

 

 

 

 

アルコール依存症との関係

 

食道とアルコール依存症との関係の画像

 

食道がんとは身体の消化器官のひとつである

 

食道にできる悪性腫瘍のことです。

 

アルコール依存症との関係は強く、

 

アルコール度数の高いお酒や

 

熱いものを習慣的に摂取すると、

 

食道粘膜が炎症を起こし、

 

食道がん発症のリスクが高まると言われています。

 

 

 

 

アルコール度数との関係

 

お酒を飲むと、アルコール成分は分解され、

 

アセトアルデヒドと呼ばれる

 

発がん性物質が生成されます。

 

アセトアルデヒドを分解して

 

無害化するのは

 

アルデヒドデヒドロゲナーゼ (ALDH)ですが、

 

食道は体の中でも、

 

ALDHの働きが弱いところです。

 

食道がんとアルコール度数との関係は

 

アセトアルデヒドを高濃度で

 

蓄積してしまうということだけでなく、

 

直接喉の粘膜を傷つけることにもなるので、

 

危険性が高まるのです。

スポンサードリンク