食道炎のいろんな原因

スポンサードリンク

食道炎のいろんな原因

ページ内更新情報 
バレット食道の原因
を更新しました。
食道アカラシアの原因
食道憩室の原因 。
非びらん性胃食道逆流症の原因 
ウイルス性食道炎の原因 
逆流性食道炎の原因
逆流性食道炎の原因は、直接的には胃酸が逆流することですが、胃酸の逆流は、主に次の4つのような場合に起こります。
1つ目は、アルコール、喫煙、高タンパク食・高脂肪食・コーヒー・緑茶の摂取――などによる下部食道括約筋の一時的な緩みや胃酸の分泌の増加です。
逆流性食道炎の原因はベルトの画像
2つ目は、ベルトや下着による腹部の締め付けや前かがみの姿勢、過食、肥満、重い荷物を持ち上げる作業――などによる胃内圧の上昇です。
3つ目は、ストレスによる食道知覚過敏、4つ目は加齢による下部食道括約筋圧の低下――です。


食道がんの原因
「喫煙」や「大量の飲酒」です。
日本人に多い扁平上皮がんの場合は、喫煙と飲酒が相乗的に作用することで食道がん発生のリスクが高くなることや、熱い飲食物がリスクを上げるという研究結果も報告されています。
一方、腺がんでは、食べ物や胃液などが胃から食道に逆流する「胃食道逆流症」や「肥満」で、確実にリスクが高くなるとされています。

食道静脈瘤の原因
肉を食べてたんぱく質ができる画像
私たちの胃や腸の血液は、集って門脈へ流れ込み、これが肝臓を通って心臓へ戻っています。
そして、腸で吸収した栄養成分は肝臓を通過する際に処理されて、人間の身体で使えるものに変えて蓄えられたり、身体に害ある物質は肝臓で解毒されるというシステムになっています。
例えば、肉を食べた場合、胃液中のペプシンや膵臓から分泌されたトリプシンというタンパク質分解酵素が肉をアミノ酸に分解し、腸で吸収されて血液とともに門脈を経て肝臓に送られて肝臓で再合成されて人間の細胞を作るためのタンパク質が作られます。
また、コメや糖類などのデンプンはブドウ糖に分解され肝臓でグリコーゲンとなり肝臓に蓄えられます。
腸で吸収されたアンモニアなどの身体に有害な物質は肝臓で解毒される――といった具合です。 食道裂孔ヘルニアの原因 生まれつき食道裂孔が緩くて胃が飛び出している先天性の食道裂孔ヘルニアと、高齢となって体全体の組織が緩むことで食道裂孔も緩む後天性の食道裂孔ヘルニアがあります。
背中の曲ったお年寄りが、食道裂孔ヘルニアを合併していることは、まれではありません。
そのほか、喘息(ぜんそく)や慢性気管支炎といった慢性の呼吸器疾患のある方は、咳により腹圧が上昇するので食道裂孔ヘルニアになりやすいとされています。
また、肥満の人も腹圧上昇による食道裂孔ヘルニアが生じやすいといわれています。

食道カンジダの原因
ガンジダ食道炎の自然の画像
真菌の一種であるカンジダは、通常、普通に自然界に存在し、人間の皮膚や粘膜にももちろんあります。
このガンジダ菌の特徴の一つは、空気にさらされていない状態でよく増殖することです。
カンジダ菌が出す酵素は、例えば人間の皮膚や粘膜の細胞膜を溶解し、組織内へ侵入しますが、人間が健康な状態では感染には至りません。

つまり、カンジダ症として発症するには、他の発病要因も必要です。
発症要因として考えられるのは、
@ガンジダ菌が粘膜に侵入してから発症を導くような抗生剤や抗菌剤による治療を受けていること
A免疫抑制療法やステロイド療法を受けていること
B食物繊維の摂取不足や過剰な糖類の摂取のよって、体内の善玉菌が減少すること
――です。

また、食道カンジダは口にできた口腔ガンジダから移行する場合や、食道壁を異物などで傷つけたり、食道憩室(しょくどうけいしつ)や代謝性疾患、糖尿病などに合併することもあります。

マロリー・ワイス症候群の原因
マロリー・ワイス症候群の原因は、繰り返す嘔吐です。
この嘔吐の原因としては、飲酒が関与する割合は30〜50%で、それ以外にも、食中毒、乗り物酔い、妊娠悪阻(にんしんおそ)=つわり――などがあります。
また、マロリー・ワイス症候群は、約10対1で男性に多く、年齢の平均は、45〜50歳とされていますが、まれに小児が起こすこともあります。

ウイルス性食道炎の原因
健康な方の食道での主な菌やウイルスに対する防御システムには、内視鏡検査、唾液による殺菌、食道運動、細胞性免疫――といったものがあります。
それらの防御システムが正常に働いていれば、ウイルス性食道炎が起こることはありませんので、健康な方では、めったに感染症として食道炎を発症することはありません。

一方、ウイルス性食道炎のリスクがある方としては、AIDS(後天性免疫不全症)、アルコール中毒症、糖尿病、栄養不良、悪性腫瘍、運動障害――のある方が挙げられます。
また、臓器移植を行って免疫抑制剤を投与されている方にも多く発症します。
この中でも、特にAIDS患者さんと臓器移植後の患者さんの場合は、ウイルス性食道炎を発症する割合は高いと言えます。

食道憩室の原因
食道憩室には、嚢胞壁に筋層がある先天性の食道憩室と、後天性の食道憩室があり、後天性の食道憩室は、食道の蠕動運動の異常によって食道の圧が高くなることで、筋層が弱くなった部分や筋層がない部分から粘膜が突出する内圧性憩室(ツェンカー憩室、横隔膜上憩室)と、食道の周囲に炎症があってテント状に突出する牽引性(けんいんせい)憩室(ロキタンスキー憩室)に分かれます。
また、牽引性憩室の原因の一つに結核性リンパ腺炎があり、結核性リンパ腺炎の炎症が食道壁へ波及して、癒着した食道壁が引っ張られて憩室となる場合がその典型です。

非びらん性胃食道逆流症の原因
非びらん性胃食道逆流症を含む胃食道逆流症の原因は、現在のところはっきりと解明はされていませんが、現在、考えられている原因には次のようなものがあります。
非びらん性胃食道逆流症の原因のカレーの画像
まず、脂っこいカレーなどの食べ物を食べたり、一度に大量の食べ物を摂取することです。
食道胃接合部(食道と胃の間)には、胃の内容物が逆流するのを防ぐ括約筋という筋肉があって、飲み込んだ食べ物を胃に送ったり、げっぷが出るときにのみ緩むようになっています。
その食道括約筋の機能が低下すると胃酸や胃のの内容物の逆流が起こりやすくなるのですが、脂っこい食べ物を食べたり、一度に大量に食べたりすると括約筋が緩みやすくなるため、暴飲暴食のあとなどには、胸やけの症状が起こりやすくなるのです。
非びらん性胃食道逆流症の原因の肉の画像
次に、胃酸過多です。
胃酸が過剰に出てしまい、げっぷの際などに食道内に胃酸が逆流することで胸やけが起こります。
胃酸過多は、かつては、肉をよく食べて胃酸分泌能力の高い欧米人によく見られましたが、現在では、食生活の欧米化による脂肪摂取量の増加などで日本人でも多く見られるようになってきました。

また、食道の知覚過敏も原因の一つと考えられています。
知覚過敏とは、食道が酸を感じやすくなっている状態です。
粘膜障害が認められないのにもかかわらず、胸やけを訴えるのは少ない胃酸に対して食道が敏感になっているからだろう――と考えられるわけです。
非びらん性胃食道逆流症の原因のストレスの画像
そして、現在考えられているもう1つの原因に、精神的ストレス(うつ)や過労などの身体的ストレスが
あります。
ストレスは、食道のさまざまな機能に影響を与え胃の内容物の逆流症状を起こすのではないか――と
考えられるからです。

食道アカラシアの原因】Cause
食道アカラシアの原因で入院してる画像
食道アカラシアの原因は、食道壁内の神経細胞の障害により食道の蠕動(ぜんどう)運動が障害され、
下部食道括約筋が緩まなくなることで、食道胃接合部が弛緩不全を起こして収縮したままの状態となって
食道が拡張すると考えられています。
食道壁内の神経細胞の障害の原因は、まだ明らかとなっていませんが、神経の変性疾患やウイルスが
関与しているなどのいくつかの報告があります。

バレット食道の原因
バレット食道の原因は、逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)あるいは胃食道逆流症と言われる病気が長期的に続くことにあると考えられています。
バレット食道が怖いのは、欧米では、食道がんの約半数はバレット食道から発生する腺がんであると報告され、バレット食道は腺がんの発生の前段階と言われている点です。

スポンサードリンク