食道がんと約半年戦った歌舞伎俳優の中村勘三郎さん

食道がんと約半年戦った歌舞伎俳優の中村勘三郎さん

食道がんになった中村勘三郎、病院で手術した主治医
食道がんになった中村勘三郎さんは病院で手術する時間が長すぎた為に亡くなったという説も出てきています。 主治医の名前は詳しくは明かすことはできませんが、手術時間には懐疑的な意見も出てきているのが現状です。


勘三郎さんの食道がんステージ2bについて
歌舞伎俳優の中村勘三郎さん(57歳)が、食道がんであることを公表したのは、2012年6月18日のことでした。癌のステージは、初期の食道がんであると発表されましたが、それから半年たたないうちに、勘三郎さんは亡くなりました。公表時には、ステージ2b以上であった可能性が高いといわれています。


中村勘三郎の初期の食道がんについて
歌舞伎役者の中村勘三郎さんが食道がんのため2012年12月5日に亡くなりました。中村勘三郎さんの食道がんは初期というように報道されていましたが、がんがほかの場所に転移しているということをご本人が亡くなる前に語っていました。


勘三郎さんを襲った食道がんについて
人気歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが食道がんで亡くなられたニュースは、歌舞伎ファン並びに日本中にショックを与えたニュースでした。57歳の若さでした。12時間もおよぶ手術を行い、復帰に向けて病院内を歩き回るほど回復していたのですが、抗がん剤治療による免疫力の低下により、ガンの転移ではなく、肺炎を起こし亡くなられました。


中村勘三郎さんの食道がんについて
歌舞伎役者の中村勘三郎さんが、57歳で亡くなりました。初期の食道がんであることを公表してから、約半年後の急逝でした。あまりに早い急逝に、本当は末期の癌であったのではないかともいわれていますが、食道がんそのものは初期でも、リンパ節に転移を起していたそうです。


スポンサードリンク