食道がんになった桑田佳祐さん、復活までの軌跡

食道がんになった桑田佳祐さん、復活までの軌跡

桑田佳祐さんが入院したのはどこの病院?
食道がんで入院していたサザンオールスターズの桑田佳祐さんですが、その入院病院の名前は非公開ですが、病室は1泊数万円のセレブな個室で、一般病棟に比べるとベッドも広く、癒しの雰囲気がいっぱいで、治療には最適な病院だったそうです。


食道がんに7人もの執刀医
食道がんについて書きました。 最近桑田佳祐さんも 食道がんに なりました。 7人も執刀医さんがいたことは 分かりましたが 執刀医した方の名前は が分かりませんでした。 歌舞伎の人も 手術した方が 何名か見えるようなので 有名な医師であることは確かです。


桑田佳祐の食道がんのステージについて
ミュージシャンの桑田佳祐は、2010年7月に初期の食道がんと診断されました。食道がんはステージ1で、同年の8月に腹腔鏡手術を受けました。その後、病状の経過を見ながら徐々に歌手活動を再開していきました。


桑田佳祐の食道がんの手術方法について
桑田佳祐さんは、2010年の8月に食道がんの手術を受けました。手術方法は食道の患部を切除して、残りの食道と胃を直接つなげるという方法です。約6時間にわたる大手術を終えて、無事に退院することが出来ました。


サザン復活を早めたわけ
サザンオールスターズの桑田佳祐さんが食道がんが発覚したのは2010年のことです。治療のためしばらく音楽活動を休止していましたが、2013年にサザンオールスターズが復活しました。その訳はがんが再発するかもと心配したからとのことです。


スポンサードリンク