食道がんだったやしきたかじんさんは初期ではなく実際はステージ3だった

食道がんだったやしきたかじんさんは初期ではなく実際はステージ3だった

食道がんのやしきたかじんの主治医の名前と病院
歌手、タレント、司会者として活躍されたやしきたかじんは、2014年1月に食道がんで亡くなりました。満64歳です。手術を担当した主治医の名前は久保田啓介さんで、聖路加病院の消化器一般外科に勤務しています。


やしきたかじんさんの死因
2014年1月3日、歌手・司会者のやしきたかじんさんが食道がんで亡くなりました。食道がんの原因は、アルコール・煙草・熱い食べ物によるものが多いといわれています。たかじんさんはヘビースモーカーでお酒の量もとても多かったので、病気の進行はかなり早かったようです。


「やしきたかじん」の食道がんのステージについて
歌手でタレントの「やしきたかじん」さんは、2012年に「食道がん」を発症され、2013年1月には死去されました。当初、初期の「食道がん」と報じられていましたが、実際はステージ3だったと言われています。


やしきたかじんの食道がんは既に転移していた
2014年1月3日に心不全で亡くなったやしきたかじんさんですが、生前食道がんを患っていました。その食道がんは当初初期のがんであると報じられていましたが、実際は進行が進んでおり、リンパ節にも転移があったそうです。


「やしきたかじん」が死去された日
歌手でタレントの「やしきたかじん」さんは、2012年に「食道がん」が発覚しました。そのご仕事を続けていましたが、体調不良の為休養することになりました。その後、2014年1月3日に死去されました。享年64歳でした。


スポンサードリンク